最近男性器の具合がよろしくないと感じたことはありませんか?それはもしかしたらEDかもしれませんよ?そのままにしておくといざという時に困る事になってしまいます。EDの原因や症状について知って改善を図りましょう!また、このサイトでは治療薬を用いたED改善を推奨しているので、そちらについてもあわせて確認してみましょう。

考える医者と錠剤
  • ホーム
  • 不動のED治療薬!バイアグラの効果と副作用

不動のED治療薬!バイアグラの効果と副作用

丸い錠剤とカプセル

バイアグラの用量には25mgと50mg、100mgがあります。
錠剤タイプの他にODフィルムタイプがあり、用法は異なりますが同じ効果を期待できます。
用量が100mgのものは日本国内で未承認です。
日本国内では25mgと50mgの錠剤タイプかODフィルムタイプが流通しています。
クリニックでは25mgか50mgの錠剤を処方してもらうことができます。
ODフィルムは50mgを扱っているクリニックが多く、25mgはあまり流通していません。

バイアグラの錠剤タイプの価格は、25mgが1錠あたり約1300円で50mgは約1500円です。
ODフィルムタイプは1枚あたり1000円から1500円で処方してもらうことができます。
用法としてはいずれも空腹時に服用するのが基本です。
服用後約1時間で血中濃度が最高になるため、性行為の1時間前に服用します。
錠剤タイプは水かぬるま湯で服用しますが、ODフィルムタイプは舌に乗せると自然に溶け、水で服用することも可能です。

バイアグラは食事の影響を受けやすいので、空腹時に使用します。
特に脂肪分の多いファーストフードなどとの食べ合わせには注意が必要です。
軽い食事を摂った場合には、消化されるまで2時間ほど待ちます。
脂肪分の多い食事を摂った場合は6時間から7時間の間隔が必要です。
バイアグラは脂肪分の多い食品との食べ合わせにより効果が半減する場合があります。
またグレープフルーツのようなフラノクマリン酸を含む食品と食べ合わせると、血中濃度が異常に高まり副作用が強くなるため危険です。

フラノクマリン酸を含む食品にはグレープフルーツの他にザボンやハッサクなどがあります。
同じ柑橘類でもバレンシアオレンジやレモン、カボスなどにはあまり含まれていません。
バイアグラにはめまいや頭痛などの副作用がありますが、症状は基本的に軽微です。
通常は数時間経過すれば自然と回復します。
正しい用法・用量を守れば安全にEDを治療できます。

バイアグラの副作用と併用について

バイアグラは即効性が大きな特徴です。
空腹時に服用すると約30分で効果が現れ、約1時間後には血中濃度が最大となります。
食事の影響を受けやすいので空腹時に服用するのが基本ですが、服用後40分が経過し十分体内で吸収された後であれば食事を摂ることができます。
バイアグラは即効性があるため副作用を発症しやすく、服用した人の9割以上に軽いめまいなどが現れます。
副作用にはめまいや頭痛の他に顔のほてりや鼻づまり、消化不良などがあります。

バイアグラは血管を拡張して血流を促進します。
海綿体に大量の血液が流れ込むとペニスが勃起しやすくなります。
一方血管が拡張されるため血圧が下がり、副作用として軽いめまいを生じます。
また脳の血管が拡張されて周辺の神経を刺激することにより頭痛が起こります。
市販の頭痛薬を併用すれば痛みを抑えることができます。
頭痛薬は空腹時に服用すると胃の粘膜を荒らすため、胃腸薬も併用する必要があります。

バイアグラは血流を促進するため頭部や鼻の粘膜、消化管が充血します。
その結果として顔のほてりや鼻づまり、消化不良などの副作用が起こります。
バイアグラの副作用はいずれも基本的に軽いため問題はありません。
数時間経過しても回復しない場合には、医師に相談する必要があります。
またバイアグラには飲み合わせが禁止される医薬品が存在します。
不整脈の治療薬である塩酸アミオダロン製剤や狭心症などの治療に使用される硝酸剤、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬は併用できません。

飲み合わせが禁止される医薬品をバイアグラと一緒に服用すると、過度に血圧が低下するため危険です。
塩酸アミオダロン製剤や硝酸剤、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬を使用している場合は医師への相談が必要となります。