最近男性器の具合がよろしくないと感じたことはありませんか?それはもしかしたらEDかもしれませんよ?そのままにしておくといざという時に困る事になってしまいます。EDの原因や症状について知って改善を図りましょう!また、このサイトでは治療薬を用いたED改善を推奨しているので、そちらについてもあわせて確認してみましょう。

考える医者と錠剤
  • ホーム
  • 即効性はピカイチ!レビトラの効果と副作用

即効性はピカイチ!レビトラの効果と副作用

携帯電話を見る男性

日本で認可されているED治療薬の中でレビトラは、即効性が高いことで多くのED患者の支持を得ています。
通常、ED治療薬を服用して効果が現れるまでの時間は、少なくとも50分以上は必要でしたが、レビトラの場合は早い人で20分、平均でも30分で効果を実感することができます。
これは、レビトラの有効成分であるバルデナフィルの特性によるものです。
なお、効果時間はバルデナフィルの含有量によっても異なりますが20mg含まれているものであれば20時間程度となります。

バルデナフィルは他のED治療薬と同様に、生殖器抑制酵素であるPDE5の過剰分泌を抑制し、性的な刺激によって分泌される環状グアノシン一リン酸の働きを促します。
環状グアノシン一リン酸が正常に機能することで、陰茎部の血行が促進され血液が集中しますから、自然と勃起するようになります。
バルデナフィルが他のED治療薬と異なるのは、水和性が非常に高いことです。
そのため、体内に入ると素早く吸収され、最高血中濃度に達することから服用してから効果が現れるまでの時間が短縮されるのです。

ただし、レビトラも他のED治療薬同様に血管拡張作用がありますから、ほてり・頭痛・鼻づまり・胃痛などの副作用が発生しやすいことを忘れてはなりません。
もちろん、用法・用量を厳守していれば軽微な症状で治まりますが、それを守らなかったり心臓病などの疾患がある場合は重篤な副作用が発生する場合もありますから注意が必要です。

また、レビトラの即効性は勃起時の陰茎の強度にも深く関係しています。
レビトラには血行を促す作用がありますが、素早く効果が現れるため血流の速度が必然的に速くなります。
したがって、大量の血液が瞬時に陰茎に集まるため、強力な勃起力につながります。
一般的に勃起時の陰茎の硬さについては、年齢とともに衰えていきますが、レビトラを服用すると理想的なリンゴの硬さが期待できます。

さらに、レビトラは食事の影響を受けにくいことも大きなメリットです。
食物が体内に残っていると医薬品の消化・吸収を妨げることから、医薬品を素早く体内に吸収させるためには、空腹時に服用することが最適とされていますが、レビトラの場合はバルデナフィルの水和性が高いため、それを上回るスピードで吸収されるため概ね700kcalまでの食事の後であれば問題ありません。

レビトラの副作用と併用について

レビトラは即効性に優れているほか勃起時の強度に定評があり、食事の影響も受けにくいことから、リピーターの多いED治療薬です。
他のED治療薬同様に生殖器抑制酵素の分泌を妨げる作用がありますから、強い血管拡張作用も併せ持っており、陰茎付近は当然として身体中の血行が短時間で促進されます。
そのため、顔が紅潮するなどのほてりや頭痛、鼻づまりや目の充血、胃痛や下痢など消化器官のトラブルといった副作用が発生します。

こういった副作用は、レビトラを服用した人の7割程度が実感しており、レビトラの効果が現れたサインだと捉えている人も少なくありません。
当然、健康体の人が用法・用量を守って服用しているのであれば、軽微な症状で治まりますが、飲み合わせや食べ合わせに注意しておかないと、全くレビトラの効果が実感できなかったり、重篤な副作用を引き起こすことがあります。

レビトラは血管拡張作用が強い医薬品ですから、心臓病や血圧症、糖尿病、腎臓病などの疾患がある場合は服用できません。
また、過去にこういった病気の既往歴がある場合には、専門クリニックなどで診察を受けることが大切です。
特に硝酸剤や抗ウィルス薬などは飲み合せが悪いため併用禁忌役に指定されていますから、これらの医薬品に関わらず常用しているものがあれば、専門クリニックに持参して判断を仰ぐべきです。

同じくグレープフルーツも食べ合わせの悪い食品として、併用禁忌品に指定されています。
グレープフルーツにはフラノクマリン酸が多く含まれていますが、この成分はレビトラの吸収率をさらに高めるばかりか、長時間血中濃度を維持するため、重篤な副作用を誘発する恐れがあるので絶対に併用してはなりません。

食べ合わせについて注意したいのが脂質の多い食品です。
レビトラは食事の影響を受けにくいED治療薬ですが、脂質分は内臓に粘膜を張り、レビトラの吸収を妨げますから、いくら少量でも効果が半減されることがあります。

飲み合わせという点においては、アルコールは要注意です。
少量であればリラックス効果が得られるものの、大量に摂取すると脳への伝達機能を弱めてしまいますから、性的な刺激が伝わりにくくなり、レビトラはしっかりと吸収されているものの、その効果が発揮されなくなります。
アルコールを飲む際には、適量を心がけることが重要です。