最近男性器の具合がよろしくないと感じたことはありませんか?それはもしかしたらEDかもしれませんよ?そのままにしておくといざという時に困る事になってしまいます。EDの原因や症状について知って改善を図りましょう!また、このサイトでは治療薬を用いたED改善を推奨しているので、そちらについてもあわせて確認してみましょう。

考える医者と錠剤
  • ホーム
  • 驚異の持続時間!シアリスの効果と副作用

驚異の持続時間!シアリスの効果と副作用

白いカプセル

シアリスは2002年にヨーロッパで発表され、日本において3大ED治療薬の一つとして2007年に認可されています。
現在では全世界で1000万人以上の利用者がおり、2013年にはそのシェアを4割程度にまで達しました。
なお、シアリスは有効成分の含有量によって5mg、10mg、20mgの3種類があり、発売当初は日本イーライリリーで製造・販売されていましたが現在は日本新薬に移管されています。

シアリスの有効成分であるタダラフィルは、他のED治療薬と同様に生殖器抑制酵素であるPDE5の分泌を抑制し、性的刺激に対して血管拡張作用が働くことで正常な勃起を促しますが、その特徴は持続時間が長いことにあります。
これは、タダラフィルがブロック状の分子構造であることに大きく関係しており、服用するとゆっくりと体内に浸透していきます。
そのため、効果が現れるまでには3時間程度の時間は必要ですが血中濃度を長時間維持し、最長で36時間の持続時間を誇っています。

シアリスは食事の影響を受けにくいED治療薬としても有名です。
一般的にED治療薬は体内への吸収を妨げないよう空腹時に服用することが基本とされていますが、シアリスは体内への浸透速度が遅いため食後に服用しても効果は半減しません。
ただし、脂質分の多い料理や暴飲暴食をしてしまうと、少なからず影響はありますから、おおよそ総エネルギー量800kcal以内であること、さらに脂質分はその3割以内を目安にすると良いでしょう。

このようにシアリスは持続時間が長く食事の影響を受けにくいため、金曜日に服用すれば月曜日まで服用する必要がありません。
したがって、ウィークエンドピルとも呼ばれており、週末をパートナーとゆっくり過ごしたいという人に愛用されています。
ただし、他のED治療薬と同様に用法用量を遵守しなければ思わぬ副作用を引き起こす場合もありますから、クリニックで処方してもらうことが重要です。

シアリスの副作用と併用について

シアリスの有効成分であるタダラフィルは体内に徐々に浸透することから、副作用が発生しにくいことでも知られています。
一般的なED治療薬における副作用の発生率は7割程度とされていますが、それに対してシアリスの発生率は3割程度ですから、いかに発生率が低いかがわかります。

一般的な副作用の症状としては血管拡張作用の影響による顔や身体のほてり、頭痛、目の充血や鼻づまり、胃痛、下痢などがあげられます。
また、血管拡張作用は低血圧も引き起こすため、動悸や息切れも副作用の症状としてあげられます。
もちろん、用法用量を厳守しておけば、どれも軽微なものばかりですから心配は要りませんが、心臓病や糖尿病の疾患がある場合や飲み合わせや食べ合わせには注意が必要です。

心筋梗塞や不整脈といった心臓病を治療する際に使用される、硝酸剤や一酸化窒素供与剤などはシアリスと同様に血管拡張作用があり、併用することでさらに血管を拡張してしまうため、急激な低血圧を引き起こします。
また、糖尿病の場合は毛細血管が傷んでいることが多く、血流が過度に促されることによって血管が破裂する恐れがありますから注意が必要です。

このように加療中の病気があったり他の薬を服用している場合、シアリスと併用することで思わぬ副作用を引き起こしてしまう可能性があることから、例え健康体であってもクリニックで診察を受けてからシアリスを服用することが大切です。
また、服用している薬がある場合には、その際に持参しておくことが大切です。

薬以外で食べ合わせや飲み合わせで注意しなければならないのがグレープフルーツです。
グレープフルーツにはフラノクマリンという成分が多く含まれていますが、これはタダラフィルを長時間血中に留めてしまう作用があるため、副作用が強く出てしまうことがありますから、生であってもジュースであっても食べ合わせは危険です。
また、脂質分が多い料理は少量であってもシアリスの効果を鈍らせることがありますから、できる限り服用前には避けるべきです。

飲み合わせといった点ではアルコールも注意が必要です。
シアリスの効果に直接影響することはありませんが、アルコール自体に脳への伝達機能を鈍らせてしまう効果があることから、シアリスの効果は現れているものの性的刺激に対する反応が鈍くなり十分な効果が得られない場合がありますから、過度な飲酒は避けるべきです。