最近男性器の具合がよろしくないと感じたことはありませんか?それはもしかしたらEDかもしれませんよ?そのままにしておくといざという時に困る事になってしまいます。EDの原因や症状について知って改善を図りましょう!また、このサイトでは治療薬を用いたED改善を推奨しているので、そちらについてもあわせて確認してみましょう。

考える医者と錠剤
  • ホーム
  • EDの主な原因は3種類!改善方法について

EDの主な原因は3種類!改善方法について

目を閉じる女性

EDの発生原因を大きく分けると3種類になります。
組織や臓器のあるべき姿、機能に異常がある器質性、心の状態や不安などのよる心因性、他の病気の治療をするために利用している医薬品の影響がきっかけとなっている薬剤性に分けることができます。

器質性は、主に血管の障害が原因になります。
性器に流れる血液が減少すれば勃起が抑制されるからです。
具体的な疾患として動脈硬化が考えられます。
加齢や生活習慣病によって血管内壁が硬くなり十分な血流が送り込めなくなるため勃起しにくくなってしまいます。

心因性は、ストレスやトラウマなどの原因で性的興奮が得られないために陥ってしまうEDのことです。
性的な問題でなくても仕事や人間関係などから発生することもあり、関係性が見つけにくいという問題があります。
コンプレックスがあってうまくパートナーと接することができない場合も当てはまる他、幼少期に性的な虐待にあったことや性行為自体に嫌悪感があることが考えられます。
カウンセリングを受けない限りわからないことがほとんどで、原因を見つけるのが困難です。

薬剤性は、抗うつ薬のような中枢神経に作用する薬剤や降圧剤などの循環器系に作用する薬剤、末梢神経に作用する薬剤の影響が考えられます。
薬剤が中枢神経に作用すると性欲が減退するため勃起が抑制されてしまうのです。
また、循環器系の薬剤は血流を制御して血圧に作用するため、性器に流れ込む血液が減少して勃起しにくくなると言われています。
末梢神経系はセロトニンを上昇させるため感覚が低下します。
結果としてオーガズムが衰退したり、射精を遅延させることが指摘されています。

EDはこれらの原因のいずれかが関係していることがわかっていますが、自分で判別することはできないため症状が見られたら医療機関で診察を受けることが大切です。
原因によって改善のための方法が変わって来ます。
はっきりと究明しないとなかなか治らないという状態になってしまいます。

EDの改善には運動や食事が大切

EDにはいくつかの原因が考えられますが、改善のためには運動や食事が大きく関係してきます。
適度な運動を定期的に継続すること、暴飲暴食をやめて適度な食事を心がけることなどによって改善を促すことができます。

器質性のEDの場合、血管の劣化が関係していることがほとんどです。
塩分過多などの偏った食事を繰り返していると、血圧が上がり血管の内壁を傷つけます。
運動をすることで代謝が良くなり血管の状態を改善できることや、生活習慣を見直すことで体調が良くなることが期待できます。

心因性の場合も運動が効果的です。
適度な運動はストレスの発散につながり、気分転換ができて気持ちを落ち着かせる効果が期待できます。
また、体を動かすことで睡眠の質も高くなるでしょう。
パートナーと一緒に行えば、意思の疎通もおこなわれお互いの理解も深まるはずです。
暴飲暴食は腸の環境を悪化させて免疫力を下げる恐れがあります。
消化器官の働きが悪くなると十分な栄養が得られないことで体調不良を引き起こし、ストレスにつながることもあります。
過度なアルコールの摂取や喫煙の習慣は、体に悪影響となり生活を乱す源になることとなるので避けるべきでしょう。

薬剤性の場合は、直接的な改善というわけではありませんが、服用している病気を治すことにつながれば薬が不要になる時期が早くなるかもしれません。
生活習慣の乱れは病気を長期化させることも考えられます。

精神的な高揚や血流の促進によって体の働きは良くなります。
そのためには適度な運動を継続して行うことと食生活に注意して、体に負担をかけないことが病気にならない体づくりにつながっていきます。
健康的な体を維持することでいつまでも若々しい生活を送れれば、EDが発生するリスクを低下させることにつながるでしょう。